ビットコインの買い方

ビットコインの買い方

つい先日から女優の剛力彩芽さんを起用したCMを見たことがありませんか?
様々なテレビ局で流れているので、見たことがある方も多いでしょう。このCMこそZaifのCMです。
Zaifという取引所はbitFlyerなどの取引所とは少し趣向の違ったサービスを行っていることでも有名です。
詳しくは後述しますので、簡単に説明しますとZaifにはビットコインの日本円の取引手数料がマイナス0.01%やZaifコイン積立というサービスやなどがあります。

Zaifの特徴

2015年に開業した国内でも有数の老舗取引所です。
アルトコインの取引所もあるので、手数料が安く済みます。
そして冒頭で書いたビットコインの日本円の取引手数料がマイナス0.01%について説明していきます。

例えばZaifで50万円分のビットコインを購入した場合、50円分のビットコインがマイナス0.01%分貰えることになっています。
これを多いとみるか少ないとみるかは、個人の考え方次第ですが、bitflyeでは0.015%手数料がかかってしまいます。
一部手数料が無料な取引所もありますがZaifのようにマイナス0.01%としているのは他にはありません。

さらにZaifは多くの他のトークンを購入することができます。トークンというのは企業が発行した通貨をいいます。Zaifで購入できるトークンにはペペキャッシュやCOMSA、Zaifトークンなどがあります。

CM放送も開始され勢いに乗る仮想通貨取引所「ザイフ」

CM放送も開始され勢いに乗る仮想通貨取引所「ザイフ」

https://www.iconosys.com/exchanges/zaif

CM放送も開始され勢いに乗る仮想通貨取引所「ザイフ」について詳しく紹介します。 ビットフライヤー、コインチェックと並ぶ国内大手仮想通貨取引所であるザ...

Zaifコイン積立とは

Zaifコイン積立とは、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としすることで、希望の金額の分の金額を積立することができます。
毎月27日に引き落としをし、翌月10日~翌億月9日までで、1日毎に指定されたコインを買い積立をしていきます。
買い付けは自動的に行われるため、管理等の必要は必要ありません。

コイン積立で購入できるコインは、ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナコイン、ビットコインキャッシュの5種類となります。
Zaifトークンなどのトークンは積み立てができないので注意が必要です。

Zaifコイン積立は非常に有名な投資法の一つである、ドル・コスト平均法を採用しています。ドル・コスト平均法とは相場が上がっても下がっても一定額で買い付けを続ける投資法です。
仮に価格が上がってしまったときは高値掴みを避けるため少量購入し、価格が大きく下落したときに、多くの量を買うという方法です。
中長期的にコインを保有することで、大きな利益を出すことができる投資方法です。

仮想通貨で大きな利益を得るには、いかに底値で大量のコインを買えることができるか?ということにつきます。
特に初心者でどのコインを買えばいいのか分からないという方にとってはこの、Zaifコイン積立は非常に良心的なサービスです。

現在ビットコインの価格は1BTC=120万円、ネムの価格は1XEM=36円、モナコインは1MONA=587円、ビットコインキャッシュの価格は1BCH=133000円、イーサリアムはETH=91070円となっています。
あまり大きな額を使えない人でも多量のコインを購入できるのは、ネムで安く大量に買えそうなのはネムでしょう。

ライトコイン

ライトコイン

https://www.iconosys.com/altcoins/litecoin

ライトコイン(LTC)は2017年に急激な値上がりを見せた通貨として注目されています。 値上がり率は7500%を超えて時価総額が4位になるなど世界中...

Zaifでのビットコインの買い方

Zaifには販売所と取引所の2種類があります。
主に取引所を使用するので販売所を使う機会というのは少ないと思われます。

念のために説明をしておくと販売所とはZaifという取引所が運営している販売所です。
売買えきる、コインもビットコインとモナコインの2種類しかありません。

次に取引所です。取引所とはZaifを利用しているユーザー同士で売買をするというものです。
ログイン後、画面上のほうにある『取引』というところをクリックするとビットコインチャート、画面右には買い注文や売り注文を出すところ、チャートの下に売買注文表と全取引履歴が出てくるはずです。

チャートの見方ですが、さすがに詳しく書くことができないので、チャートを見るうえで必要な最低限の事だけを書いていきます。
チャートを見てわかるように青い線と赤い線があります。
まず青い長方形を陽線といいます。
そして青色の陽線に上に棒が引かれている場合と下に引かれている場合があるのがわかると思います。

陽線の上に引かれている線の事を『上髭』と呼び、表している時間の間の最高値を表しています。
逆に下に引かれている線を「下髭」といい時間内の最安値を表しています。

次に赤い長方形を陰線と呼びます。
陰線の上に付けられている線のことを「上髭」といい、陽線のときと同じで表している時間の間の最高値を表しています。
陰線の下に引かれている線を下髭と呼び、これも陽線のときと同じで時間何の最安値を表しています。

画面をスクロールしてもらって、売買注文と全取引履歴の説明をしていきます。
まず売買注文の説明からです。
左上緑色で表されているのが、売り気配です。
売り気配というのは、どれだけの量を売られようとしているのか、というのを教えてくれています。

画面右下の赤色は買い気配を表しています。
これも売り気配と見方は一緒で、どれだけの量が買われようとしているのかを表しています。

売り気配が少なく買い気配が多い場合は、価格は一気に上にいきます。
逆に売り気配が強くて、買い気配が弱い場合は、コインの価格は暴落してしまう可能性に非常に強いです。
それにこれはビットコインなどの主要なコインではないと思いますが、トークンなどでは売り手と買い手が少なすぎて売買ができないという状態もあるので、注意をしてください。

次に全取引履歴についてです。
これは今現在売られているのか、それとも買われているのか、リアルタイムで分かるので参考にすると良いでしょう。

最後にチャートの右の注文表の説明です。
注文を出したいときは、自分が買いたいコインの価格を入力しましょう。
現在の値段で購入したいという方は右の『成行』をクリックしてください。
成行の場合、コインの価格を入力する必要はありません。

次に買いたい量を入力してから『買い注文』を入力して終了です。

まとめ

後半チャートの事を少し書きましたが、本当にチャートの触りの部分しか説明をしていません。
チャートの読み方は非常に奥深いので、興味のある方は是非ご自身で勉強してみてください。
もしチャートが読めるようになると、これから上がるのか、下がるのかといった予測もできるようになり、トレードをするうえで非常に役に立つことは間違いありません。
これはコインだけではなく株やFXなどでも使用できますので、勉強しておいて損はありません。

筆者について

当サイトは仮想通貨の初心者~中級者を対象としています。

  • 「ビットコインが気になっているけどよくわからない人
  • 「ビットコインのお得な使い方を知りたい人」
  • 投資対象としての仮想通貨を勉強したい人」
  • 「仮想通貨の基礎知識を身につけたい人」